Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの平均月収は?現役配達員が徹底解説!

Uber Eats配達員の平均月収を解説。

【4月14日まで限定】出前館配達員登録で20000円。
出前館配達員登録4月14日登録20000円キャッシュバック
【4月14日までに出前館配達員の「応募」だけすれば、条件達成で20,000円が必ずもらえる】

2021年4月14日までに「web説明会申し込み完了」で、 下記の条件※1 を達成すると20,000円の追加ボーナスが必ずもらえる特別キャンペーン中!

配達のペースは人によりますが、10日程度で達成できる人もいます。
(※しかも現在週末、出前館は1件の配達報酬が1001円と高単価です。)

【20000円の受け取り手順】
①4月14日までに出前館公式ページからweb説明会に申し込む(説明会に参加する日程は4月14日以降でもOKです。)

②web説明会の日付を選択したのち、「紹介コード」の欄に「 g5726952 」を入力。

※紹介コード「 g5726952 」の入力がない場合、20000円は受け取れないので注意してください。

20000円ボーナス希望の方は、まずここまで完了させてください。

【紹介コード】


g5726952



※上記リンク以外からの応募だと反映されないことがあるのでご注意ください。

web説明会登録後、「公式LINEアカウント」に登録(ID:@788lmtvf)。20000円の受け取りに使用します。

>>公式LINEアカウントの追加はこちら

※1: 20000円の受け取り条件はこちらのページで確認してください。

※このキャンペーンは当方の独自キャンペーンです。ご質問は上記の当サイト「公式LINEアカウント」にお願いします。

 

自由な時間に働けて高収入も期待できると人気が高いUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのお仕事は最近人気があり、ニュースでも頻繁にピックアップされていますよね。

完全にフリーな働き方のためバイトはもちろん、副業としても最適だと多くの人たちが参加し始めています。

しかし、

「Uber Eats(ウーバーイーツ)は実際のところ稼げるの?」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い体系ってどうなっているの?」

と疑問に持たれている方もいらっしゃいますよね。

この記事では、具体的に下記について解説していきます。

・Uber Eats(ウーバーイーツ)の平均月収や給料

・Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料の計算方法

・Uber Eats(ウーバーイーツ)の地域別の時給

この記事は、現役配達員の目線から解説しており、5分ほどでUber Eats(ウーバーイーツ)について理解できる記事になっているので是非ご一読ください。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの平均月収は?

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの給料は「報酬」という名目で支払われます。

報酬額は完全歩合制で配達した分だけもらうことができます。

では、この報酬はひと月でいったいどれくらいになるのでしょうか。

他のアルバイトと比較しても、かなり割高であるUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕組みを解説していきます。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの平均月収はバイトより高い?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの平均月収を解説。

結論から言うとUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬は、バイトに比べてかなり高いです。

配達員だけで十分に生活することができるでしょう。

そして気になる報酬についてですが、報酬額の内訳は細かく設定が分かれています。

例えば、都市ごとによる基本料金や各種インセンティブがあり、それぞれ加算されてトータルの報酬額が決まります。

特に都市部の人気店が集中するエリアの場合は、短時間で何軒も配達することができるので、

1日に2万円から3万円ほども稼ぐ人がいるほどです。

稼働時間や地域など働き方によりますが、1日8時間ほどフルで働いたとしたら平均月収30万円ほど、土日休日や夜間だけの場合は平均月収10万円くらいになります。

ちょっとしたお小遣いとしては、かなり満足できる額です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は他のバイトより平均月収が高い?

おおよその平均ですが、1回の配達で距離が1キロ以内の場合は報酬が500~550円になります。

自分の居場所から近距離での配達が可能というUber Eats(ウーバーイーツ)の特性を生かすと、1時間に3~4件の配達が可能です。

これを時給換算すると1500~2200円になるので、数ある他のバイトと比べてもかなり高収入になることが分かります。

働きながら土日だけ配達員をしたり、学生なら講義の隙間の空いた時間だけ配達したり、短時間で働きたいという人の場合はとても効率のいい仕事になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の最高月収はどれくらい?

例えば東京で週5日1日8時間フルで稼働した場合、最高月収はひと月で40万円程度とされています。

もし土日も働いたとしたら月に50万円程度の月収にいく人もいます。

さらにバイクを使った配達員はやはり自転車に比べると配達回数が上がるので、報酬もグンとアップします。

実際に1日10時間以上バイクを使っていた配達員でひと月に100万円を超えた人がいました。

もちろん初心者ではなかなか難しく、この配達員も経験豊富な方で、Mapを見ないで配達するなど、工夫をかなりした結果の100万円超えです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)(Uber Eats(ウーバーイーツ))最大の魅力が働けば働いた分だけ報酬としてバックされることなので、時間と体力に余裕があってどんどん稼働すると、報酬の上限はさらに上がることになります。

インセンティブを上手に使いながら、効率の良い場所や時間帯を選ぶことも重要なポイントです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)(Uber Eats(ウーバーイーツ))の給料の仕組みは?

続いては、Uber Eats(ウーバーイーツ)(Uber Eats(ウーバーイーツ))の給料の仕組みを詳しくお伝えします。

特徴的なことは基本料金や各種インセンティブなど、意外と複雑な報酬内容になっていることです。

もしUber Eats(ウーバーイーツ)(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達員をやってみようと考えているなら、報酬の中身についてしっかりと確かめておいた方が良いでしょう。

特にインセンティブに関しては、知っていればお得に稼ぐことができるポイントがいくつもあるので、実際に働き始める前にチェックしておくことが必須です。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料の計算方法は?

まずUber Eats(ウーバーイーツ)(Uber Eats(ウーバーイーツ))の給料は、配達した分だけもらえる報酬になります。

がんばって働いた分がそのまま報酬額に反映されるのでモチベーションも高くなります。

報酬の内訳を細かく見ていくと大きく分けて以下の4つに分かれています。

1. 基本料金

2. ブースト

3. 特別クエスト

4. ピーク料金

「基本料金」は次の項目で計算されます。

a.「受け取り料金(お店から商品を受け取るときの料金)」

b.「受け渡し料金(商品をお客様に届けたときの料金)」

c.「距離料金(配達距離)」

d.「手数料(Uber Eats(ウーバーイーツ)から引かれる料金)」

a+b+c-d=基本料金となります。

また地域によって若干の違いがあるため、近隣の稼働圏内であれば県境を超えると高報酬につながることもあり得ます。

【例】

◉受け取り料金

 東京・千葉・埼玉 ⇒ 265円

 横浜・川崎 ⇒ 250円

 大阪・名古屋・京都・神戸・福岡 ⇒ 215円

◉受け渡し料金

 東京・千葉・埼玉 ⇒ 125円

 横浜・川崎 ⇒ 120円

 大阪・名古屋・京都・神戸・福岡 ⇒ 105円

次に「ブースト」についてです。

ブーストシステムはランチやディナーなどの注文の多い時間帯とエリアでの報酬額がアップするシステムのことをいいます。

これは配達員専用のアプリにも「1.2×↑」「1.4×↑」などと表示されるので、アプリで確認しながらブースト地域を狙うと高収入に繋がるでしょう。

そして、「特別クエスト」は雨の降る日や土日に発生するインセンティブのことです。

「特別クエスト」が発生した日には4回の配達で400円がプラス、8回で1200円、12回で2400円がプラスされるなど、けっこうな稼ぎ率になります。

このシステムは前日メールでお知らせが来るので要チェックです。

最後に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の中でも新しいシステムとして2019年に導入された「ピーク料金」について紹介します。

注文が多くなる時間帯やエリアに付くインセンティブのことで、だいたい100~300円アップするので報酬の底上げが可能です。

配達員の数よりも注文が増えるディナータイムなどにピーク料金が採用されることが多く、配達員にとってはねらい目といえるでしょう。

ピーク料金もアプリで確認することができます。

地図上にオレンジから濃い赤で示された地域がピーク料金採用地域になり、色が濃くなるほど高い報酬になるシステムです。

基本料金にプラスして、ブースト・特別クエスト・ピーク料金の各インセンティブを上手に活用すると、月収20万円を超える日も近づいてくるでしょう。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の地域別の時給は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬は地域によっても違いがあることも認識しておきましょう。

基本料金や受け取り料金などは東京がもっとも高くなっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は固定の給料とは違うので、平均的な金額を出すのは少し難しいですが、だいたいの平均値として地域別の時給を計算すると首都圏が高い傾向になることがわかるでしょう。

以下の地域別の時給表は2019年のデータです。

■東京 ⇒ 1214円

■千葉 ⇒ 1250円

■埼玉 ⇒ 1243円

■神奈川 ⇒ 1250円

■愛知 ⇒ 1012円

■大阪 ⇒ 1176円

■京都 ⇒ 1040円

■兵庫 ⇒ 1025円

■福岡 ⇒ 1083円

このように関東地区が群を抜いて高い時給を実現していることが分かります。

ただし、あくまでも配達員それぞれの稼働時間やエリア、インセンティヴの有無などによって、かなり変動があることも忘れてはいけません。

自分がどこでどのような形態で働きたいのか、それによって求める報酬額も変わってくるでしょう。

 

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達員の仕事は、自分が働くエリアや時間帯、稼働時間、配達手段、さらにインセンティヴなどによってかなりの差があることが分かります。

また配達員の経験値によってはひと月で30万円や最高月収で100万円を実現した人もいるほど、やり方次第で高額報酬を期待できる仕事です。

地道に経験を積んでいけば、おのずと効率のいい働き方が見つかり、納得の高報酬を得られるようになるでしょう。

さらにバイトなどに比べるとUber Eats(ウーバーイーツ)の時給の方が高いことも分かりました。

完全に自由な働き方で高収入を期待できるUber Eats(ウーバーイーツ)(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達員の仕事は、高いモチベーションを持って働くことができる仕事といえます。

 

人気記事
出前館配達員の給料の目安と、月収いくら稼げるかを下記で解説しています↓
【人気】出前館配達員の給料と報酬の目安。月収いくら稼げるか公開。

ウーバーイーツバイトが稼げるか・給料・時給やメリットなど分かりやすく下記で解説しています。
【Uber Eats】ウーバーイーツバイトは稼げる?給料・時給を公開。
【4月14日まで限定】出前館配達員登録で20000円。
出前館配達員登録4月14日登録20000円キャッシュバック
【4月14日までに出前館配達員の「応募」だけすれば、条件達成で20,000円が必ずもらえる】

2021年4月14日までに「web説明会申し込み完了」で、 下記の条件※1 を達成すると20,000円の追加ボーナスが必ずもらえる特別キャンペーン中!

配達のペースは人によりますが、10日程度で達成できる人もいます。
(※しかも現在週末、出前館は1件の配達報酬が1001円と高単価です。)

【20000円の受け取り手順】
①4月14日までに出前館公式ページからweb説明会に申し込む(説明会に参加する日程は4月14日以降でもOKです。)

②web説明会の日付を選択したのち、「紹介コード」の欄に「 g5726952 」を入力。

※紹介コード「 g5726952 」の入力がない場合、20000円は受け取れないので注意してください。

20000円ボーナス希望の方は、まずここまで完了させてください。

【紹介コード】


g5726952



※上記リンク以外からの応募だと反映されないことがあるのでご注意ください。

web説明会登録後、「公式LINEアカウント」に登録(ID:@788lmtvf)。20000円の受け取りに使用します。

>>公式LINEアカウントの追加はこちら

※1: 20000円の受け取り条件はこちらのページで確認してください。

※このキャンペーンは当方の独自キャンペーンです。ご質問は上記の当サイト「公式LINEアカウント」にお願いします。