Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの自転車のおすすめは?レンタサイクルは稼げる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの自転車のおすすめは?レンタサイクルは稼げる?

新規募集停止が間近?出前館配達員で月収70万円超え続出!
出前館配達員の月収70万円超えが続出!

現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も時給換算3,000円超え」を実現していました!
さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。


つまり、10人中7人以上が時給換算2,000円超えを実現しているのです。


※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施


さらに、出前館では現在スタートダッシュキャンペーンを実施中で、1件の配達でなんと最大1,640円を受け取ることができます!
このおかけで現在、出前館では月収70万円超えの配達員が続出中で、中には月収100万円を超える方もいるほどです。


黙々と配達するだけで、今よりも月収を30〜40万円以上アップさせるチャンス!


今から始めるのがかつてなく「一番おいしい」タイミングです。
現在、出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、今後「募集停止」の噂もあります。
また、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
少しでも興味がある方は応募できる今の内に、配達員の登録だけでもしておくのがおすすめです。
登録してから、実際に始めるのは1ヶ月後とかも大丈夫ですよ♪

Uber Eats バイト隊長

報酬増額キャンペーンの時給換算3,000円超えは期間限定だ!
稼ぎたい者は登録して今のうちにガンガン配達しよう!

出前館の報酬増額キャンペーンについてはこちらで解説しています。 出前館配達員の紹介キャンペーンについて解説!報酬アップ中!出前館配達員の紹介キャンペーンについて解説!報酬増額キャンペーン中!
登録必須!Uber Eats 配達パートナーに登録してガッツリ稼ごう!
登録必須!Uber Eats 配達パートナーに登録してガッツリ稼ごう!
最近は「出前館」や「Wolt(ウォルト)」など、様々な配達員で溢れていますが、注文数の多さなどから、やはりUber Eats(ウーバーイーツ)はよく稼げます。
配達を工夫することで、時給2,000円、月収40万円以上も狙えます。

Uber Eats バイト隊長

他の配達員と掛け持ちで、月に160万円を稼ぐ凄腕配達員もいるぞ!

最近は配達員の掛け持ちが主流になりつつありますが、まだ配達員をやったことがないという方は、まずはUber Eats 配達パートナーがおすすめ!
まずは、Uber Eats で配達員のノウハウを掴み、続いて出前館や他の配達員も掛け持ちでやってみる、という流れがオススメです!

Uber Eats バイト隊長

稼ぎやすい今がチャンスだ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの給料・時給はこちらをチェック! Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトトップページサムネイルウーバーイーツ バイトの給料・時給は?稼げるの?

これからUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めようと思っている方は、このような疑問が浮かんでいるのではないでしょうか?

ウーバーイーツ配達員にオススメの自転車って何?

自転車のレンタルサービスでも稼げるの?

と、配達の土台となる「自転車のベストチョイスは何なのか」が気になると思います。

街を走り回る配達パートナーを見ると、特に決まった自転車を使っているわけではなく、いろんな自転車を使っていますよね。

そこで本記事では、

  • 配達パートナーの自転車のおすすめ
  • 配達パートナーはレンタサイクルで稼げるのか
  • そもそも自転車での配達は稼げるのか

の3ポイントに絞って解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの自転車のおすすめは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの自転車のおすすめは?

自転車については正直、それぞれの目的や好みによって重要度が変わってきます。

それを前提に、「快適に配達できるかどうか」に焦点を当てて、客観的にランキングをつけていきたいと思います。

ざっと並べると、、、

  1. クロスバイク
  2. 電動自転車
  3. ママチャリ
  4. シティサイクル
  5. ロードバイク

となります。

それぞれの「特徴」や「配達時の快適さ」についてまとめていきます。

1位:クロスバイク

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達用としてのクロスバイクは、かなり有効的でしょう。

スピードはママチャリとロードバイクの中間あたりですが、本体がとても軽いため、とても機転が利きやすいです。

ギアを変えられる種類のものがほとんどなので、坂の多いエリアでも割と楽に走れる部分も加点しておきます。

坂に関しては電動自転車と比べると疲労が溜まりやすいですが、配達をしていると慣れてくるのではないでしょうか。

逆に言えば足腰も鍛えられて健康的ですし、ダイエットにも効果的なので「運動目的」の方には好都合でしょう。

クロスバイクは総合的に動きやすい、ハイブリットバイクとして一番推奨したいと思います。

2位:電動自転車

電動自転車(電動ママチャリ)は、体力に自信がない人やあまり疲れたくない人におすすめ。

少しペダルに体重を込めるだけであとはスイスイ進んでいくため、重い荷物を背負っていても楽だからです。

坂道に関しては専門分野とも言えるほど、どんな自転車よりも疲れずに済むでしょう。

ただ、ママチャリやクロスバイクなどと比べると重量があるため、歩行者・車とすれ違う時や自転車を止める時などの「ちょっとした動き」をする瞬間に疲れるのが難点です。

つまり、自転車ごと左右にずらしたり、浮かしたりする時はかなり力が必要になるということです。

とは言え、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達はロングピック・ドロップの依頼を受ける場合もあるため、長距離に強い電動自転車は有効だと言えるでしょう。

3位:ママチャリ

ママチャリは誰もが一度は乗ったことがある、ハンドル部分にカゴが付いている自転車。

意外と配達には適しており、前方のカゴに配達バッグを乗せることで楽に運転をすることができます。

(前側が重くなるとバランスが悪くなるので注意が必要です。)

後ろ側にはリアキャリアもあるため、それこそ大きめのカゴやボックスを装着すれば、更に機能的な配達用自転車となるでしょう。

自分好みに配達しやすいように改造できるため、そこがママチャリの良さだと言えるでしょう。

唯一の欠点は「スピードが遅い」ことで、坂道は強くありません。

4位:シティサイクル

シティサイクルはママチャリと似ており、普段使っている人も多く見受けられます。

もちろん配達用に使うこともでき、軽めに作られているため、小回りが利きやすい部分が特徴的。

坂道の運転は疲れやすいため、エリアによっては辛い配達もあるでしょう。

安く購入することができるため、クロスバイク等の「いい自転車」は特に必要ない人におすすめです。

体力に自信がある人や、鍛えながら配達をしていきたい人には打って付けでしょう。

5位:ロードバイク

ロードバイクの魅力と言えば「スピード」ですが、実はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達には向いていません。

ハンドルの構造上、上半身が前傾姿勢になって配達バッグが傾いてしまうからです。

これはフードデリバリーサービスの配達員にとっては致命的な欠点だと言えるでしょう。

スピードよりも料理の品質が求められるのは当然で、中身が溢れたり崩れていたりするのはもってのほか。

そもそもロードバイクはあくまで「早く遠くへ走る乗り物」としての機能しか果たせないため、配達はおすすめできません。

さらに、ロードバイクは高価な商品でもあるので、「盗難の被害に遭いやすい」ことも配達に向いていない理由と言えるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはレンタサイクルで稼げる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはレンタサイクルで稼げる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、自前の自転車だけでなく「レンタサイクル」を利用することも可能です。

レンタサイクルとは、「自転車を借りることができるレンタルサービス」のことです。

次項では、

  • レンタサイクルで稼ぐ方法
  • レンタサイクルのおすすめサービス
  • レンタサイクルがないエリアもある
  • レンタサイクルのメリットデメリット

について触れていきます。

そもそもレンタサイクルの利用を考えていない方は、読み飛ばしてもらってかまいません。

レンタサイクルで稼ぐ方法

レンタサイクルで稼ぐためには、「全国各地に点在する自転車レンタルサービス」を利用する必要があります。

安いサービスでは一日1,000円から利用できるため、自転車を持っておらず、初期費用をかけたくない人におすすめ。

しかし、自転車を持っていても「あえてレンタサービスを利用する」という人もいます。

加盟店が集中している稼ぎやすいエリアまで電車で行き、そこからレンタルをして稼働すると結構稼げるからです。

出前館ではこのやり方で月収100万円弱を達成した人もいます。

レンタル料はもちろんかかりますが、1時間もあれば余裕で取り戻せるでしょう。

レンタサイクルのおすすめサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に適しているレンタルサービスのおすすめを5つ並べます。

  • DAICHARI(ダイチャリ) / 自転車のレンタルサービス
  • HELLO CYCLING(ハローサイクリング) / 電動アシスト付きのシティサイクル車
  • COGICOGI(コギコギ) / 電動アシスト自転車の月額レンタルサービス
  • CycleTrip BASE(サイクルトリップベイス)/  スポーツ自転車レンタルサービス
  • 帝都産業株式会社 / 電動アシスト自転車 スポーツ自転車 バイクのレンタルサービス

特にダイチャリは「12時間 / 1,000円」で利用できるため、安く1日乗り回せるでしょう。

レンタサイクルが無いエリアもある

レンタサイクルは全国的に展開しているのですが、「各地域の隅々まである」という訳ではありません。

自転車をレンタルしたくてもできないエリアが沢山存在するということです。

レンタサイクルの多くは「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」「大阪」「愛知」「福岡」など、栄えた街に点在しています。

よって、地方の多くのエリアは自前の自転車を用意することが、最低限必要になってきます。

または、「Uber Eatsの加盟店が多い栄えた駅で、レンタサイクルを借りて稼働する」という方法も視野に入れましょう。

レンタサイクルを利用するメリットデメリット

レンタサイクルは、「利用する人」「エリア」によってメリットデメリットが変わってきます。

⬇︎レンタサイクルを利用するメリット⬇︎

  • 加盟店が多い栄えたエリアで配達ができる
  • 安いサービスのレンタル料はすぐに元が取れる
  • より稼がないといけない意識が持てる

⬇︎レンタサイクルを利用するデメリット⬇︎

  • 稼働する度に数百円〜数千円のレンタル料がかかる
  • 月額で契約すると、働かない日は損した気分になる
  • 自分の家からすぐにスタートすることができない

戦略的にレンタサイクルを利用する分には大きな効果が期待できますが、なんとなく使っているともったいないです。

まずは配達スタイルをハッキリ決めてから始める事が重要だと言えるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自転車で稼げる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自転車で稼げる?

そもそもの問題として、Uber Eats(ウーバーイーツ)は自転車で稼げるのかどうか。

結論としては、自転車バイクともに稼げますし、好きな方を選べば良いです。

強いて言えばバイク配達パートナーの方が「クエストを達成しやすい」「赤いシミのブーストが発生しやすい」など、インセンティブが有利に働く事が多いです。

しかし、場所や地形によっては自転車配達の方が楽なケースもあるため、一概には言えません。

「結局はどのエリアで働くかが重要」というポイントにも着目し、詳しく解説していきます。

ほとんどの配達パートナーが自転車で稼働している

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの多くが自転車で稼働しています。

Twitterで探すと分かりますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いだ成果を公開している人は「自転車配達員」が多いです。

実際に「月収50万円以上」など自転車配達で稼いでいる人は沢山いますし、自転車だからこそ稼ぎやすいエリアも少なくありません。

街で見かける配達員もほとんどが自転車ですし、そもそも一般的に「バイクと免許を所持している人」に限定すると少数になるでしょう。

とはいえ、バイク配達で月収100万円を達成した事例もありますし、ポテンシャルとしてはバイクの方が高いと言えるでしょう。

地方の多くはバイク配達が稼ぎやすい

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、地方などの田舎が多いエリアでは「バイク配達」の方が稼ぎやすいです。

加盟店が少なく長い国道が多いため、必然的にロングピック・ドロップの注文が増えるからです。

その際にバイク配達パートナーとして稼働していれば、無駄に時間を使わずに済むでしょう。

もちろん地方でも栄えている駅はありますし、エリアによっては自転車の方が効率よく稼げます。

もし自転車とバイクどちらも所持していたら、両方とも試してみてください。

結局、車両よりもエリア選びが重要

結局はどのエリアで稼働するかが重要です。

自転車にしろバイクにしろ、そもそも注文が鳴らないと仕事にならないからです。

自転車の方が配達しやすい地形だったり、細かいことはあるかも知れませんが、まず優先すべきは「加盟店が集中しているエリアでの配達」です。

自分が住んでいるエリアで配達しようと思っても、ほとんど注文がこない場合もあるため、その際はエリア移動を検討してください。

エリア移動も厳しいという方は、「出前館」などの他社サービス配達員も検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回はUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの自転車のおすすめと、レンタサイクルは稼げるのかについて解説していきました。

予算があればクロスバイクを購入しても良いですし、家にあるママチャリでも全く問題ありません。

エリアを重視してレンタサイクルを利用してみるのも良いでしょう。

まずはいろいろ試してみて、どのスタイルで働いた方が快適なのかを見つけてみる事が重要です。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文がなかなか取れない場合は、他のサービスの配達員としても登録してみてください。

  • 出前館
  • menu(メニュー)
  • Wolt(ウォルト)
  • foodpanda(フードパンダ)
  • DiDi Food(ディディフード)

このようにたくさんのサービスがあるため、吟味してみるのも良いでしょう。

人気記事
出前館配達員の給料の目安と、月収いくら稼げるかを下記で解説しています↓
【人気】出前館配達員の給料と報酬の目安。月収いくら稼げるか公開。

ウーバーイーツバイトが稼げるか・給料・時給やメリットなど分かりやすく下記で解説しています。
【Uber Eats】ウーバーイーツバイトは稼げる?給料・時給を公開。